鉄道トラベラーのブログ

旅行、鉄道に関するブログです。グルメ、移動手段、観光地等をまとめているので、参考にしていただければ幸いです。お役立ち情報や旅行グッズ紹介も時々やります!

(7)札幌と函館 両都市の見どころ紹介

日本一の広さを誇る北海道

 

都市間の距離も半端ではなく、飛行機での移動も当たり前なほどです。

その中でも、電車移動をしやすいのが函館-札幌でしょう。

 

函館には新幹線も開業したほか、どちらの都市にも空港があり便利なため、柔軟な旅ができると思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526005035p:plain

今回は、札幌、函館両方行ける、観光コースについて見てみたいと思います!

 

 

札幌

北海道の県庁所在地として、重要な役割を担う札幌市

経済都市かと思いきや、緑も多い街です。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526010022j:plain

様々なご当地グルメがたくさんあるほか、大通公園時計塔は駅からも近いので、空き時間に行けるのが良いですね。

 

アクセス

札幌へのアクセスは今のところは飛行機一択でしょうか…?

f:id:kishuji-kaisoku:20200526010334j:plain

航空業界のドル箱路線ということで、ANAJALをはじめ、ご当地航空airdoなど、様々な航空会社が就航しています。

 

1時間に1本以上確保されており、非常に便利です。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526010950j:plain

 

新千歳空港ということで、立地は千歳市です。

札幌まではエアポート快速で40分ほど。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526011149j:plain

エアポート快速は、Uシートと呼ばれる指定席と、普通車で構成されます。

乗車率が比較的高めで、高校生たちの通学にも使われることから、Uシートの利用がおススメです。

 

札幌駅

北海道の中心駅として、ひっきりなしに特急たちが出発していく札幌駅。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526011518j:plain

しばらくは複々線ということで、並走も楽しめます。

特に、朝7時半発のすずらん宗谷の並走は見ごたえがあります笑

f:id:kishuji-kaisoku:20200526011850j:plain

 

大通公園と時計塔

どちらも駅から近いのでね、空き時間でも見ることが出来ますよ♪

 

大通公園

f:id:kishuji-kaisoku:20200526012026j:plain

これはちょうど1年前くらいの写真です。

花がたくさん植えられ、木々も青々しています。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526012224j:plain

何をするわけでもなく、ベンチに座ってるだけでなぜか落ち着けます。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526012331j:plain

振り返れば時計塔も。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526012514j:plain

夜はライトアップもされ、札幌の夜を彩ってくれます。

 

時計塔

f:id:kishuji-kaisoku:20200526012750j:plain

現物を見れば分かりますが、予想よりは小さいと思います。

大通公園に行く途中にあるものなので、行きは地上を歩いて時計塔を見る、帰りは地下道を歩いてみる、

こういうスタイルがいろいろな札幌を感じられていいと思いますよ。

 

グルメ

味噌ラーメン、スープカレー、えびそば…

ご当地グルメが結構あります、札幌

 

味噌ラーメン

f:id:kishuji-kaisoku:20200526013516j:plain

味噌ラーメンにはバターが入っていて、これがよりうまみを引き立てます。

乳製品と味噌は非常に相性がいいですよね♪

青竜
〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西4 APIA フードウォークB1
900円(平均)
r.gnavi.co.jp

地下道にあるので、雨が降っていても安心です。

 

スープカレー

f:id:kishuji-kaisoku:20200526013536j:plain

人気店だと行列を作ることもある、スープカレー

空いてる店を探してたら時間なくなったとはならないようにしましょう笑

スープカレーとカレーの店 天馬
〒060-0005 北海道札幌市中央区北五条西2丁目5 札幌ステラプレイス センター6F
1,500円(平均)1,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

駅の上にあるので、時間をあまり気にせず楽しめます。

 

えびそば一幻

札幌の友人曰く、うまいらしい…

3月に行こうと思ってたんですが、今期の騒動でまだ行けてません…

r.gnavi.co.jp

 

函館

さて、後半は函館です。

海も近いということで、イカが有名な函館。

戊辰戦争の舞台にもなった五稜郭など、こちらも見どころがたくさんあります。

 

アクセス

新幹線

新函館北斗ということで、実際には北斗市に位置し、函館市街からは少々離れています。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526015015j:plain

 

新幹線の到着時刻に合わせて、はこだてライナーが運転されるので、長時間待つこともなく行くことが出来ます。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526015237j:plain

指定券なども必要なく、乗車券や青春18きっぷで乗れます。

 

飛行機

鉄道が通っていないため、バスでの移動となりますが、函館空港は色々な都市と結ぶ便があり、便利だと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526010417j:plain

 

フェリー

青森ー函館を結ぶ、青函連絡。

青函トンネルの前は最たる移動手段でもあったこの方法。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526020034j:plain

新幹線と比較して、時間はかかれど運賃は安くなります。

新青森ー新函館北斗間の指定席料より安いので、この区間を放棄してフェリーでも良いと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526020333j:plain

 

函館駅

f:id:kishuji-kaisoku:20200526020406j:plain

函館駅で紹介することはないんですが、単純にこの写真気に入っているので笑

かつては北斗星トワイライトエクスプレスカシオペアの機関車付け替えとしても有名だった函館。

寝台特急のような超大編成も止まれるよう、ホームが長く確保されています。

 

五稜郭

函館と言えば、五稜郭ですよね。

五稜郭駅という駅があるから、これが最寄かと思いきや、そうではありません。

最寄は普通に函館駅で、そこから市電に乗った方が便利です。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526020841j:plain

五稜郭にも特急が止まるため、紛らわしいですが、終点の函館まで行ってください。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526020958j:plain

周辺の建造物と比較するとかなり大きいことが分かります。

 

イカの踊り丼

函館の一番のおすすめはこれ!

f:id:kishuji-kaisoku:20200526021344j:plain

注文を受けた時点で、水槽で泳いでいたイカを捌くので、とても新鮮です。

醤油をかけるとイカが動くことから踊り丼と言われています。

 

イカが食べにくい時には捌いてくれるので頼んでみましょう。

 

醤油で痛がっているわけではなく、単純に浸透圧で塩分に反応しているそうです。

 

一花亭 たびじ
〒040-0063 北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
1,500円(平均)1,050円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

営業時間が朝6時から14時までなので気を付けてください。

 

おまけ

何にしようか悩んだところではありますが、、

海が近い北舟岡駅大沼公園の1枚を載せることにします。

f:id:kishuji-kaisoku:20200526021846j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200526021909j:plain

 

最後に

いかがだったでしょうか。

特急の運行本数も比較的多く、4時間前後での移動が可能なこの2者。

 

札幌で一泊して、翌日は少し早めに出発して函館でイカと五稜郭に行く、

函館で一泊して、イカと五稜郭を楽しんだ後札幌に行く、

 

どちらのコースでもいい旅ができると思います。

 

両方面からの様子がまとめられているので、より知りたい方は過去記事も参照ください。

 

kishuji-kaisoku.hatenablog.com

kishuji-kaisoku.hatenablog.com

kishuji-kaisoku.hatenablog.com