敷島路快速 全国行き

旅行、鉄道に関するブログです。グルメ、移動手段、観光地等をまとめているので、参考にしていただければ幸いです。お役立ち情報や旅行グッズ紹介も時々やります!※心機一転?、名前変えましたが今後ともよろしくお願いします!

【裏技】有楽町駅から京葉線に乗り換える

みなさん、京葉線に乗ることはありますか?

 

ディズニーや葛西臨海公園に行くときには乗る方も多いことでしょう。

 

しかし、思いませんか?

東京駅の京葉線ホーム遠すぎるだろ!って笑

 

実際に地図を確認しても、東京駅よりは有楽町駅に近く、東有楽町駅なんて言われることもある京葉線ホーム…

実は有楽町駅で一度改札を出て、乗り換えることが出来る特例があります。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201031143958p:plain

 

 

まず、大前提として、この特例を使うには、東海道線方面から来る必要があることが条件です。

 

品川などから山手線京浜東北線に乗る場合など、東京を通り越さない分には問題ありませんが、上野などから電車に乗り、東京を通り越して有楽町で降りることはできません。

 

有人改札を通る必要もあることから、どのような経路で来たのかの説明を求められる場合があります。

正しいルートを通っていれば何も問題はないので、心配は無用です。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201031144550j:plain

 

ちなみに、有楽町駅でも、どの改札でも出してもらえるわけではなく、京橋口改札から出る必要があります。

東京寄りの出口なので、前の方の車両に乗るのが便利だと思います。

 

京橋口有人改札に着いたら、京葉線に乗り換えたい旨を駅員に伝えましょう。

f:id:kishuji-kaisoku:20201031144815j:plain

このような紙を渡されます。

東京駅で改札を通る際に回収されます。失くしてしまうと大変なので、無くさないようご注意ください。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201031145008j:plain

京橋口を出たら、左に進み、あとは道なりです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201031145149j:plain

新幹線の高架下にいかにも昔ながらの店舗も並んでいます。

 

東京駅にはもう一つのルートがあります。

京橋口を出て、一つ目の道路を左に曲がってください。


f:id:kishuji-kaisoku:20201109191522j:image

こちらは東京国際フォーラムの中を通ることが出来るので、より安心です。屋根もあることから雨の日に歩くのも良いかもしれませんね。


f:id:kishuji-kaisoku:20201109191536j:image

普通に東京駅構内を歩くのと同じかそれ以下の距離で東京駅に到着します。

f:id:kishuji-kaisoku:20201031145508j:plain

これが東京駅です。

正に、日本を代表する駅ですが、このような小さな出入り口もあるんですね。


f:id:kishuji-kaisoku:20201109191550j:image

国際フォーラム側から来ると、こんな感じです。

 

この辺の企業に勤めている人が結構使うようで、そこそこの人の流れがありました。

f:id:kishuji-kaisoku:20201031145729j:plain


f:id:kishuji-kaisoku:20201109191624j:image

階段を降りると、すぐそこが京葉線のコンコースになっています。

 

 

では最後になぜ京葉線ホームは遠いのかお話ししましょう。

 

かつて京葉線ホームは全く別の路線用に計画されていました。

それが成田空港に向かう予定だった成田新幹線です。

 

ところが様々な問題が発生し、成田新幹線の計画は白紙となりました。

東京の地下を掘ってしまってもったいないので使おうということで、京葉線ホームに転用されることとなったのです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201031145826j:plain

ここまでは有名な話ですが、これだけでは遠いことの説明になっていませんね。実はこの話には続きがあります。

 

成田新幹線計画当初、新宿方面までの延伸が考えられていました。それを考慮した結果、現在の位置に作る形が良いと判断されたのです。

 

いかがだったでしょうか?

主に横浜など、東海道方面にお住まいの方に役立つ(かもしれない)情報をお届けしました。

 

東京ディズニーリゾート葛西臨海公園、場合によっては、房総特急九十九里や海など、需要の高い京葉線

駅からも離れていることから、少し乗り換えにくい点が欠点ですが、この特例を使うことで、歩く距離を少しだけ短縮できます。

京葉線を利用することがあったら、ぜひ使ってみてください。

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

【E217系】もうすぐ交代 総武快速・横須賀線でラストスパート

来る12月21日(月)より、総武快速横須賀線の新型車両E235系の運行が始まります。

 

鎌倉車両センターの線路容量などからE217系は順次廃車が出るものと予想されます。

今日はそんなプレハブ第一世代、E217系を見ていきたいと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125025528p:plain

 

時は1990年代、総武快速横須賀線の主力車両は113系でした。しかし、都心に乗り入れる列車ということで、1994年よりE217系が投入されます。

113系からバトンを受け継ぎ、26年に渡り活躍してきました。

 

この車両のすごい点は、登場から引退まで1両も廃車になっていないことです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125163834j:plain

後から登場したE231系にはすでに廃車が出ています。

もちろん、本形式が総武快速横須賀線でのみの使用を想定されたという面も大きいとは思いますが、それでも廃車が出ていないのはとても凄いことです。

 

他の近郊型は10両+5両ですが、E217系は11両+4両で運転していたのがポイントですね。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201130234508j:plain

これは、逗子駅の留置線の有効長が約12両ほどで、5両だと2編成しか置けない上に2両分の無駄が出てしまうためだそうです。

 

ところが…

基本編成は11両ですが、この11両という面にも不都合が生じる駅があります。

f:id:kishuji-kaisoku:20201130234857j:plain

それがこちらの田浦駅です。

ホームが9.9両分程度しかなく、1両目と2両目の一番前のドアが開きません。

113系時代は、3ドアで、もう少し内側にドアがあったため、1両目のドアカットのみで済みましたが、4ドア化以降はこのような形となりました。

 

まあ、今紹介した編成の話についてはE235系にも引き継がれるので、E217系だけのポイントではなかったですね…笑

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201130235420j:plain

まもなく見られなくなってしまうものと言えば、このボックスシートですね。

鎌倉への観光需要を意識して設置していたものですが、武蔵小杉の需要増加や、総武線の殺人的ラッシュに対応するため、E235系ではオールロングシートになります。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201130235706j:plain

最後にグリーン車を見ておきましょう。

とはいっても、E231系などと仕様はほぼ同じなので、あえて紹介することはありません。

f:id:kishuji-kaisoku:20201130235758j:plain

2階席

f:id:kishuji-kaisoku:20201130235920j:plain

1階席

f:id:kishuji-kaisoku:20201130235953j:plain

半室席

しいて言えば、E235系ではLCDなど新しい技術を投入したグリーン車となるそうなので、アナログ式のグリーン車の記録は残しておいても良いかもしれませんね。


おまけ…

f:id:kishuji-kaisoku:20201201000147j:plain

この車両は登場時には幕張と鎌倉に分けて配属され、のちに全車が鎌倉所属となりました。

最初に幕張にいた車両は、幕張車両センターを意味する千マリと表記されていたのですが、鎌倉車両センターを意味する横クラに書き直された痕跡があったりします。

E235系ははじめから全車鎌倉所属なので、この書き直し痕も見られませんね…笑

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

およそ30年にわたって、総武快速横須賀線を疾走してきたE217系

流石に運転士ドア横がボコボコになっていたり、ギシギシ音を立てる個体がいたり、ガタが来た感は否めません。

 

その都度、問題個所を補修して、活躍してきたE217系の雄姿をカメラに収めておきましょう。

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

【SL大樹】東武が運行するSLに乗ってみた!

さて、皆さんこんにちは。

 

今日はSL大樹の具体的な乗車記を書いていきたいと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125015507j:plain

前回お話しした通り、このSLはかつて北海道で運行していた経緯からライトが二つあることが特徴です。

濃霧の中での運転を想定し、二つのライトがついているのです。

カニ、と呼ばれて親しまれています。

 

さてさて、SLの写真もほどほどに、客車に乗り込みます。

14系トップナンバーで、製造時からほとんど改造されていません。

 

鉄道博物館でしか見たことなかった光景…

f:id:kishuji-kaisoku:20201125015755j:plain

座席が簡易リクライニングと言い、体重をかけておかないと背もたれが戻ってしまうスタイルです。

長距離の利用を想定して、座り心地が考慮された、今のリクライニングシートの原型です。

と言いつつ、国鉄なんて知らない私。

簡易リクライニングシートを始めて体験し、固定されない背もたれを前に、シートを壊したのではないかとビビりました笑

 

そしてもう一つ、車内メロディーもあるんですが、それがなんと”ハイケンスのセレナーデ”でした!

北海道ではまだ聞かないこともないですが、やはり客車型の車両で聞くからこそ味が出る気がします。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201125020457j:plain

煙を吐きたててゆっくりと下今市を目指します。

 

夕日に簡易リクライニング、大きな窓…

f:id:kishuji-kaisoku:20201125020307j:plain

郷愁の国鉄旅、とでも名付けてみましょうか笑

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201125020653j:plain

鬼怒川線内でも屈指の絶景ポイントだそうです。

川が作り出した岩と紅葉が奇麗ですね。

 

下今市までは30分ほどで、こうした沿線の案内や、車両たちの過去について解説してくれます。

 

下今市駅では、駅を昭和レトロにリニューアルし、駅標も国鉄字体に変更したそうです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125020844j:plain

国鉄駅標に14系とか最高すぎるんだが…?

この写真だけでご飯5杯いけるわ笑

 

数分停車の後、出発していきます。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125021040j:plain

最新の特急リバティとのツーショットです。

ここで、客車を切り離して、SLは転車台に向かいます。

目の前で機回しを見学できます。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125021259j:plain

下今市駅の転車台は長門市駅から、鬼怒川温泉三次駅から、それぞれ譲渡されたものです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125021507j:plain

1周してくれるので、様々な角度から写真を撮ることが出来ます。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125021632j:plain

機回しが終わるとそのまま機関区にバックして入ります。

f:id:kishuji-kaisoku:20201125021734j:plain

鉄道博物館でしか見たことのない光景…


f:id:kishuji-kaisoku:20201125022827j:image

駅舎もリニューアルしていて、国鉄感を演出してくれます。

 

 

いかがだったでしょうか?

車両に加えて、駅のリニューアルなどで、より雰囲気が出るようになったSL大樹や下今市駅

ハイケンスのセレナーデなど、これなしに客車は語れないほどの価値がある車内メロディなど、いたるところに鉄道ファンの心をくすぐる仕掛けがあります。

 

特急料金は760円ほどです。

1日に何往復かするので、都合のいい時間に乗ってみると良いと思います。

 

尚、今回で東武シリーズは一度終わりにしようと思っています。

東武シリーズ、最後までお読みいただきありがとうございました!

【東武の思い】SLを守りたい! 多くの鉄道会社が協力

皆さん、こんにちは!

今回は東武で運行するSL大樹を紹介します。

 

このSL計画は2015年に始まり、2年という長い年月を経て、2017年に実現したプロジェクトです。

 

そこには多くの鉄道会社の協力がありました…

f:id:kishuji-kaisoku:20201122011301p:plain

まずは、本列車の顔、SLについて見ていきます。

形式としては、C11型機関車で、生まれは1941年だそうです。

今年で実に79歳です。

 

長らく北海道を活躍の場として、北の大地を走り回ったのち、1974年にはその役を終え、北海道の公園に静態保存されました。

そんなC11-207に転機が訪れたのは、1999年。

NHKの朝ドラにて北海道を舞台にした鉄道員の話が放送されると、道内にSL復活を求める声が大きくなりました。

おそらく、苗穂でしょうか、半年間の整備を経て、再び線路に立ちました。

f:id:kishuji-kaisoku:20201122011626j:plain

 14年間の活躍の後、再び訪れた転機…

JR北海道が安全装置取り付けの費用を捻出できないことを理由に、当機は廃車が決まります。

 

その危機を救ったのが東武鉄道でした。

C11をJR北海道から借り受ける形で運行することになりました。

 

しかししかし、SLだけあってもダメで、客車、補助機関車、転車台、運行ノウハウなどクリアすべき問題はたくさんありましたが、多くのJRやSLを運行している会社が協力をしました。

 

まず、東武の安全装置を搭載するための車掌車。

これは、JR貨物JR西日本からの譲渡を受けました。

f:id:kishuji-kaisoku:20201122013011j:plain

SL本体は狭く、構造も複雑なため、安全装置は車掌車に搭載しています。

 

続いて、私たちが乗ることになる客車。

f:id:kishuji-kaisoku:20201122013724j:plain

これはJR四国保有していた14系客車を譲り受けて使っています。

昭和40年ころの製造で、また、14系客車のトップナンバーであるなど、こちらも鉄道車両としての価値が非常に高いものとなっています。

 

続いては、下今市鬼怒川温泉で汽車の方向転換をする転車台。

f:id:kishuji-kaisoku:20201119111719j:plain

こちらはJR西日本長門市駅三次駅などで使われていたものを譲渡を受けて使っています。

 

さらにさらに…

SLを補助する機関車として赤色DE101099号機JR東日本から譲渡されています。

f:id:kishuji-kaisoku:20201122014510j:plain

二機目の車両(1109号機)は、秋田総合車両センター金帯北斗星に塗装変更されました。

 

そして一番重要な運行ノウハウや整備方法など。

f:id:kishuji-kaisoku:20201122015228j:plain

これはSL運行の先輩であるJR北海道大井川鐵道真岡鐵道秩父鉄道などで指導を受けたそうです。

 

大井川鐵道真岡鐵道にとってはSLが経営の要といった面まであるにも関わらず、協力したという点はとても胸が熱くなります。

 

 

いかがだったでしょうか?

SLに、14系客車トップナンバー、国鉄色DE10など、歴史的価値の高い車両が東武鉄道に集結しました。

鉄道好きでなくても楽しめると思います。

鬼怒川温泉と、東京からも比較的近い場所なので、アクセスも容易です。

 

国鉄や昭和を思い出したい方、国鉄は知らないけど興味のある方、鬼滅の無限列車でSLに興味を持った方、是非行ってみてください笑

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

※大樹の具体的な乗車記は次回に回したいと思います。

【東武直通特急】窓割りが合ってない… JRきぬがわに乗車

2回にわたって東武が所有する豪華な特急列車を見てきました。

 

JR東日本からも、東武に直通する特急が出ており、元成田エクスプレス253系が担当しています。

f:id:kishuji-kaisoku:20201115133147p:plain

 

座席試験車として遊ばれまくった後、一部は長野電鉄に、一部は東武直通特急として、485系の運用を引き継ぐことになった253系

 スペーシアという超豪華な車両が来る以上、そちらにクオリティを合わせたいJR…

f:id:kishuji-kaisoku:20201115133720j:plain

シートピッチを成田エクスプレス時代から広げているため、若干窓割に無理が出てしまっていますね…

特に前側の座席だと、窓枠にかかってしまいます…

 

それでもこれはまだいい方…

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201115133947j:plain

!?!?!?!?

最前列のシートに至っては、小窓と戸袋窓が充てられています。

流石にこれは景色も見づらいし、わざわざシートを設けなくても良かった気がします…笑

ちなみにグリーン車から改造した車両はピッチがピッタリです。

f:id:kishuji-kaisoku:20201119110822j:plain

この車両は、以前は空港アクセス特急として使われていた経緯から、荷物置きスペースがあります。最近の特急には標準で装備され始めていますが、同年代の車両では後付けの場合も多いです。

 

鬼怒川温泉や日光に泊まるということで、スーツケースを持った方には嬉しい設備です。
 

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201115134019j:plain

 

駅前には転車台が設置されています。
f:id:kishuji-kaisoku:20201119111719j:image

はて、東武にSLなんて走っていたか…?

と思ったそこのあなた、走っています笑

 

つい最近、JR北海道からSLを借り入れる形で運行しているのです。

SL大樹にも乗ってきたので、近いうちに投稿しようと思ってます。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201115133844j:plain

 紅葉の時期ということで、山も色づき始めましたね。

若干、寂れた印象のある鬼怒川温泉ですが、色々な特急やSL、旅館施設がある他、江戸村も近くにあり、いろいろ遊べると思います。

 

いかがだったでしょうか?

そもそも、JRと東武の特急相互直通運転は、お互いにメリットがあることから始めたものです。

国鉄時代は乗客の奪い合いもしていたようですが、今では仲良く運転しています。

 

もちろん、253系スペーシアきぬがわだけでなく、日光としても運行されます。区別としては、列車名の前にスペーシアが入るかどうかです。

 

シンプルにくつろぎたいなら253系、豪華にくつろぎたいならスペーシアといったところでしょうか?

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

【東武特急】スペーシアきぬがわ個室利用

今回は、バブル時代生まれ、スペーシアについて見ていきます。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111020419p:plain

 スペーシアには個室が連結されています。

 

ありがたいことに、一人からの利用が認められているので、1人分の乗車券+個室特急券で乗せてもらえます!

 

栃木から乗りましたが、まずは切符を買わなければいけません。JRに乗り入れ、新宿まで行く列車も多く、その場合には、東武側ではなくJR側からの発券が必要です。

 

個室券以外は基本的にJRの指定席券売機で購入できます。

個室券は券売機では買えないため、駅員が操作するマルスから購入しなければいけません。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111122632j:plain

JR栃木駅にはみどりの窓口はありませんが、東武線の窓口にマルスが設置され、委託販売されるので、少なくとも東武線内の特急停車駅なら買えると思います。

 

念のため、もう一度

個室券は指定席券売機では買えません。JR乗り入れの場合はJR側から購入しなければなりませんが、東武線内でも一部の駅は委託販売で購入できます。

 

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201111123056j:plain

停車駅、行先に律義にJRってつけてる東武鉄道ほんとすき

f:id:kishuji-kaisoku:20201111123257j:plain

以前はオレンジの単色でしたが、スカイツリーの開業を機に、それぞれスカイツリーの夜景をイメージしたデザインにリニューアルしました。

日光東照宮の四百年式年大祭を記念した、特別塗装として、金色の日光詣スペーシアも運行されています。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111123237j:plain

世代的にはSV踊り子に近く、バブル時代だったので、豪華な造りが特徴的です。どことなく、車内の雰囲気もSV踊り子に似ていますね。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111123807j:plain

個室内はこんな感じです。

椅子が豪華で、これまた座り心地が良かったです。

 

そして気になる遮音性ですが、こちらもバッチリです。

廊下だと会話の声も聞こえますが、個室に入ってしまえば、ほとんど会話の声は聞こえません。

 

 

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201111124126j:plain

新宿行きの東武特急は栗橋駅で必ず運転停車します。

当駅の渡り線を活用して東武、JR線内を行き来するので、ここで乗務員が交代します。

 

JR宇都宮線内も快調に走って、新宿まではあっという間でした。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111124411j:plain

登場した時期で見ると、鉄道車両としてはかなり古い部類に入りますが、古い電車を大事に使っていくのは東武の良いところだと思います。

バブルを感じる車両として、いつまでも元気に走ってほしいものですね。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201111124435j:plain

そして、スカイツリー推し…笑

 

いかがだったでしょうか?

JR253系は窓割が合っていないこともありますが、こちらは観光用に作られているため、様々な設備が整っています。

個室を利用すれば、多少大きな声で話しても問題ないので、より楽しい電車の旅が出来ると思います。

 

グリーン個室料金が6300円ですが、定員の4人で分ければ1500円ちょっとです。

 

JRに入る関係で若干料金が高いですが、浅草から乗ると更にお得になります!

 

紅葉も見ごろを迎えているだろう日光には、是非スペーシアの個室で!

(東武の回し者ではありません笑)

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

【東武特急】リバティ号 自由自在、変幻自在に線路を駆ける

JRグループ近鉄に次いで営業距離が長い東武鉄道

 

多種多様な路線を持っており、それぞれに合わせて色々な特急列車が運行されています。

そして、2017年に26年ぶりに特急車両が新造されました。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111005726p:plain

今日は、自由度が高く、非常に使い勝手の良い東武500系リバティについて見ていきましょう。

 

この車両の最大の特徴は1編成が3両になったことでしょうか?

f:id:kishuji-kaisoku:20201111010355j:plain

従来の東武特急では6両編成でしたが、3両単位にすることで、分割併合運転が出来ます。

下今市までけごん号会津として運転し、そこから分割してそれぞれ日光線鬼怒川線に入るといった運転がされています。

 

これ以外にも、アーバンパークライン(東武野田線)内のアーバンパークライナーとしても運行されるなど、自由度の高いことがポイントです。

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201111010919j:plain

リバティという名前から、自由という意味かというと必ずしもそうではありません。

よくよく見ると、スペルが違いますね。

 

実は…

 

東武線内を自由に走り回るという意味のLiberty

東武線内を様々な用途で走るという意味のVariety

 

この2つを掛け合わせて作られた造語です。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111011335j:plain

浅草日光など、日本の歴史的に重要な地点を結ぶということで、和を基調とした車内です。

バブル時代の製造で豪華な造りとなっているスペーシアとは趣向が変わったことが一目でわかります。

 

そして、この椅子の座り心地がとても良かったです。

まるでグリーン車に乗っているかのようにフィット感がありました。

モーターの音もほとんどせず、揺れもあまりないので、睡魔が襲ってきます…笑

 

多分、越谷辺りで夢の世界に入りました…笑

 

そして目が覚めると…?

f:id:kishuji-kaisoku:20201111011908j:plain

推定、藤岡あたり…

もう車窓が私鉄じゃなくてJRなんだよなぁ…

 

とりあえず、帰りにスペーシアに乗るために栃木で降りました。

f:id:kishuji-kaisoku:20201111012219j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20201111012424j:plain

栃木県というと宇都宮のイメージが強いので、栃木市栃木駅には少し違和感がありますね笑

 

栃木のコンビニでは必ず扱っているレモン牛乳ももれなく販売されているので、お土産にどうぞ笑

 

f:id:kishuji-kaisoku:20201111015530j:plain

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

多種多様な東武線に対応できる車両リバティ 

和風なデザインであったり、スペーシアからの時代の変化を感じることが出来ると思います。

東武特急も比較的高頻度で運転されるので、特急の乗り比べも楽しいかもしれませんね。

 

次回はスペーシアを紹介します。

今回もお読みいただきありがとうございました。