鉄道トラベラーのブログ

旅行、鉄道に関するブログです。グルメ、移動手段、観光地等をまとめているので、参考にしていただければ幸いです。お役立ち情報や旅行グッズ紹介も時々やります!

(2)知床 日帰り観光 アクセスや知床五湖について

日本の景色とは思えぬ大自然、そして世界遺産でもある知床

 

f:id:kishuji-kaisoku:20200519180304j:plain

半島の先端部で電車は通っておらず、電波も通じにくくなるようなところです。そんな知床、都会の喧騒を忘れて、癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

 

f:id:kishuji-kaisoku:20200520141039p:plain

 

知床へのアクセス

交通手段は?

まずは、交通手段についてです。知床は比較的マイカー乗り入れが自由で、レンタカーや自家用車などでも行くことが出来ます。

f:id:kishuji-kaisoku:20200519180753p:plain

一方、電車利用の場合、JR知床斜里駅からバスを利用しての観光がメインになってくると思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200519180825p:plain

 

結局どっちがいいのかというと、知床はやはり、車一択ではないでしょうか。JR釧網本線石北本線の本数は多くなく、終電も早いです。終電にとらわれて観光時間が減ってしまったらもったいないですよね。なので、時間を気にせずに遊べる車での観光がおススメです。それに気になる場所があれば簡単に寄り道もできるのもポイントが高いです。

 

とはいえ、相手は北海道、いくら時間があるからと言っても侮ってはいけません。女満別北見からでも相当の距離があり、長距離の運転になるので、あらかじめ距離の把握はしておきましょう。

女満別空港から

f:id:kishuji-kaisoku:20200519182501j:plain

女満別空港~知床五湖

女満別空港からで、約99キロほどあります。空港のすぐ近くにレンタカー会社がたくさん立地しているのは便利な点です。とはいうものの、営業時間は長くなく、そもそもの飛行機の到着時間が午後しかないので、着いた日に行くのはちょっと難しいです。また、空港の周りはホテルがなく、市街地の方まで行く必要もあることから、駐車スペースに困ってしまうことがあるかもしれません。

北見から

f:id:kishuji-kaisoku:20200519183206j:plain

北見から知床五湖

我流、この方法が一番おススメです。距離は大体122キロです。北見は道東の中でも規模が大きく、ホテルや飲食店などにも困りません。レンタカー会社の営業開始とともに車を借り、営業終了間際に返却できれば、最も効率的で料金のロスも少ないと思います。女満別空港に降りても北見に泊まったり、逆に旭川方面から来て一泊するとなれば、北見が選ばれることが多いと思います。ちなみに、北見ではホルモンが名物なので、立ち寄った際には食してみましょう。

f:id:kishuji-kaisoku:20200519224855j:plain

北見 とよ七のホルモン焼き

 

kishuji-kaisoku.hatenablog.com

 

網走から

f:id:kishuji-kaisoku:20200519184943j:plain

網走から知床五湖

網走からだと88キロほどになります。網走刑務所が有名で、駅からのアクセスも悪くはないので、初日は網走、2日目に知床に行くというコースが良いと思います。飛行機で来る場合、道東の中心は女満別空港ですが、飛行機の時間に合わせた連絡バスなどがあり、これを利用すれば網走、北見に行くことが出来ます。刑務所を見たければ網走、ホルモン焼きを食べたければ北見といったところでしょうか。

知床斜里から

f:id:kishuji-kaisoku:20200519185017j:plain

知床斜里から知床五湖

この際、知床斜里駅から行くというのもアリかも…?知床斜里駅周辺ならホテルも何軒かあり、バスも出ているので、電車移動をしない場合に限り、斜里町に泊まるのも一つの選択肢かもしれません。ですが、あまり斜里に泊まることにメリットがあるとは思えないので、北見や網走から車を利用するのが最善だと思います。

札幌から??

最初に言ってしまうと、札幌の場合、移動だけで半日はかかってしまいます。

f:id:kishuji-kaisoku:20200519233241j:plain

札幌から知床五湖

距離にして実に420キロです。東京ー京都より少し短いくらいの距離です。都市間の距離がつかめず、予定が狂ったということにはならないようにしましょう。特急オホーツクを使っても網走まで5時間、旭川での乗り継ぎや釧網本線の乗り換えも考慮すると知床斜里駅まででも7時間近くかかってしまいます。よって、札幌から一日で行くのは不可能です。

 

道中の寄り道場所

なかなか長い道中、連れがいればその交代に、いなくても適宜休憩をとるためには時々車を降りましょう。北見から五湖までの道中、おススメスポット4選を紹介します。

知床斜里駅

f:id:kishuji-kaisoku:20200520000245j:plain

ここは、寄り道というより、観光案内所が併設されており、ほぼ道中であることから不安要素はここで解消しておきましょう。近くに無料駐車場もあり、容易に車を停められます。

ユートピア知床 道の駅うとろ

何かお土産を買っておきたいという時は、ここに立ち寄ってみましょう。また、観光案内所もあるので、見所などを聞いておくと良いと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200519235558j:plain

鹿肉バーガー

屋外に椅子と机も設置されているので、季節が良ければちょっとしたピクニック気分にもなれると思います。動物の牙を使ったアクセサリーの他、魚の干物など、お土産もそこそこ充実しているのでここで買ったり、発送するのがおススメです。

オシンコシンの滝

続いては、オシンコシンの滝です。道沿いにあり、駐車場からもすぐのところなので、知床散策のウォーミングアップには良いところかもしれません。

f:id:kishuji-kaisoku:20200520001829j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520001852j:plain

意外と大きな滝で、水しぶきが飛んできます。夏なら涼しくていいと思います。逆に冬は、凍ってしまうそうです。後日友人が見に行ったら凍っていたそうです。

f:id:kishuji-kaisoku:20200520001916j:plain

滝を振り返るとオホーツク海も見えます。

ずっと並行するオホーツク海

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002247j:plain

道はずっと海沿いに進みます。路肩などに寄せたり、ちょっとしたスペースもあるので、そこに停めてオホーツク海を眺めるのはいかがでしょう?ちなみに、冬は流氷も見られるようです。これまた、冬に行った友人から聞きました。いつまでたっても海が見えず、よくよく見たら流氷だったとのこと笑

知床五湖

知床の散策コース

高架木道地上遊歩道の二つがあります。高架木道は、無料で安全に、いつでも行くことが出来ます。地上遊歩道は、入場料支払い、場合によってガイド同行の上で、散策するコースです。

やはり、地上遊歩道の方が、絶景や自然を間近で楽しめますし、料金を払っても損はしないと思います。

f:id:kishuji-kaisoku:20200520005055j:plain

高架木道

返しもついていて、まず動物は上がってくることが出来ません。

f:id:kishuji-kaisoku:20200520005147j:plain

地上遊歩道の景色

ヒグマの活動期以外は比較的自由に散策できます。

クマに出会ったら…?

スタッフからレクチャーを受けないと散策は出来ません。直近でクマの目撃された場所の他、もし見つけたら、その場から安全ゾーンまで引き返すことなどを伝えられます。あくまでも、人間がクマの住処にお邪魔させてもらうという意識は忘れないように、と教えられます。

ヒグマ活動期である5月~7月は、対処法を身に着けた引率者のガイド同行が義務付けられているようです。

この時期を外していれば、ガイド同行はいらず、レクチャーのみで観光できます。

写真集

以下、写真集です。知床散策をお楽しみください!

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002659j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002718j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002804j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002829j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002853j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002912j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002943j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003014j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003036j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003102j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520002736j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003137j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003158j:plain

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003243j:plain



おまけ

大したものではないですが、道中、一直線の道。

あるのは高低差のみ笑

f:id:kishuji-kaisoku:20200520003403j:plain

 

最後に

いかがだったでしょうか?知床は、本当におススメできる観光地で、着くまでの大変さも忘れてしまうほどの場所だと思います。

死ぬまでに一度は行っておきたい場所で間違いなしです!

今回もお読みいただき、ありがとうございました。